・ 愛しあう

*SEXにおける男女の心理の徹底解説* イカせたい彼氏・イケるようになりたい彼女

今回は、SEX (セックス) において最も多いと言われている悩みをピックアップ。

男性ですと、「彼女をイカせてあげたい」、女性ですと、「彼のでイケるようになりたい」とか「彼が頑張ってくれているのに、イケなくて申し訳ない」です。

「 イク・イカせる 」というのは、実は簡単ではありません。

彼女をイカせられなかったり、セックスでなかなかイケなかったりし、思い悩む人も多いようです。

 

セックスにおける男女の心理の前提:オトコはオンナをイカせたい生き物

 

彼氏に首を舐められ感じる彼女

 

前提といて、男女共に、以下のことを覚えておいてください。

「 オトコは、オンナをイカせたい生き物です 」

この事実を認識することは、セックスをする上でとても大切です。

もしも男性に、この”オトコとしての欲求”がなければ、女性を愛撫する動機がなくなってしまうからです。

これは、理屈ではありません。本能です。

セックスが下手な男性が多いのは、このイカせたい気持ちにテクニックが追いついておらず、気持ちが空回りしてしまっているからです。

 

美人で明るいけいこ
ふ~ん。男の人が女性をイカせたいのは、本能によるもんなんだね

 

イクこと・イカせることは難しい

イクこと・イカせることというのは、なかなか難しいことです。

その証拠に、結婚している30~40代でも「 イケない女性・イカせられない男性 」がたくさんいます。

年をとって経験を重ねたからと言って、相手をイカせられたり、イケるようになったりというわけではないのです。

このように、経験のある男女でもオーガズムに関して苦労しているというのが現状です。

 

オーガズムにこだわるもなかなかイケないカップル

オーガズムにこだわるもなかなかイケない美男美女カップル

 

女性のあなたへ:男性を教育してあげましょう

先ほど触れた通り、男性は女性をイカせたい生き物です。

「 女性をイカせることができればOK! 」「 女性をイカせたい 」「 この人がイッてくれたら嬉しい! 」

そんな生き物なんです。

そして、女性は基本的にはそのようなことは思いません。

この時点で、「 すれ違い 」が起こってしまっています。

そこで、男性のイカせたいというこの気持ちを、「 気持ちよくなって欲しい 」「 感じさせたい 」という方向へと、シフトさせてあげましょう

その役割は、女性のあなたにしかできません。

 

あなたを指さす太ったおっさん

太ったおっさんもあなたを指さしています

 

男性を教育するとより良いセックスに繋がる

男性の、「イカせたいという気持ち」を尊重しながら、「感じさせたい」へと導けば、その男性のテクニックは、ビックリするほど女性のカラダにマッチしていきます。

彼も、生の女性が感じている姿を目の当たりにすることで、感じさせたいという欲求は更に高まっていきます。⤴⤴

 

感じている女性

 

彼 (男性)を誘導する方法

彼を誘導するにあたり大切なことは、女性であるあなたが、イクことへのこだわりを少なくすることです。

イクことへのこだわりを、全く無くしてしまう必要はありません。

ただ、今よりもちょっとだけ長く、彼と一緒に「 感じる時間 」を楽しんでみてください。

そして、そのような楽しい時間を、少しずつ長くしていきましょう。

すると、「現在のイク」よりも、何倍も気持ち良く感じることが経験できるようになるハズです。

 

真剣にセックスするカップル

 

男性のあなたへ:イカせることにこだわるな!

セックスするに当たり、男性のみなさんへお伝えしたいことが2つあります。

  1. 女性をイカせようと思わないで下さい
  2. オーガズムにこだわる必要はありません

です。順に見ていきます。

 

セックスにおいて大切なこと1. 女性をイカせようと思わないで下さい

男性に頭に置いて欲しいのは、イカせようとするほど、女性はイキにくくなるということです。

イケない女性に対しての、イカせようとして与える刺激は強すぎるくらいです。

更に、そこに焦りも加わり、気が付かない内に、彼女にプレッシャーを与えてしまいかねません。

その結果、余計にイキにくくなります。

つまり、男性がイカせようとするほど、女性はイケなくて 申し訳ない気持ちになっていきます。

 

女性はプレッシャーを受けることにより感じにくくもなっていく

女性はプレッシャーを感じれば感じるほど、イキにくくなるだけではなく、 感じにくくもなっていきます

しかし、男性が無理にイカせようとしなければ、女性は愛撫の快感に集中できます

そもそも、女性は好きな人と1つになれることの嬉しさで十分満足できます。

 

セックスに歓びを感じるカップル

 

それ以上のことは必要としていないのです。

このことを覚えておいて下さい。

 

イケメンで有名の面田くん
勉強になります(^_^;)

 

セックスにおいて大切なこと2. オーガズムにこだわる必要はありません

大好きな人にキスをしてもらう、愛撫をしてもらう・・・そんなの、幸せにきまってるじゃないですか!

女性の感受性は男性よりもはるかに強いです。

「 イカせる 」必要は皆無です。

  • まずは、「 愛しているという気持ち 」を「 心 」で感じてもらいましょう。
  • 次に、「 ゆっくりとした優しい愛撫 」を「 体 」で感じてもらいましょう。
  • 最後に、できるだけ痛みを少なくして1つになりましょう。

セックスで大切なのは、これだけです。

ここにイカせる要素はありますか?

男性は勝手にイクことをゴールに設定していますが、そんなのは思い違いです。

「 感じる 」がゴールでもいいんです。

イカせる行動に移るのは、何度かセックスをして、お互い慣れてきた頃でも充分です。

初々しいセックスの、初々しい気持ちを大切にしましょう^^

 

ズボンを履いたままセックスするカップル

 

ラビアプラスティでイキやすいカラダになる

今話題の「ラビアプラスティ」

女性器の整形を指すこの言葉ですが、ラビアプラスティでイキやすい身体をつくることが可能です。

ラビアプラスティにもいろいろあります。

ビラビラを小さくする、性器のにおいを改善する・・・エトセトラ。

もちろん、「イキやすい身体になりたい!」という要望にも応えています

対応方法も人によってバラバラで、クリトリスの皮を剥いて感じやすくしたり、膣を狭めて男性器が当たりやすいようにしたりと様々です。

一見大変なことをするように思えるのですが、中には5分で終える施術もあるなどシンプルです。

あまりのシンプルさに驚く人も多いようです。

ちょっとのお手入れでイキやすい身体をつくる。

これがラビアプラスティです。

チェケラッ!!

関連記事

 

-・ 愛しあう
-, , , ,

Copyright© フルマガネちゃんねる , 2020 All Rights Reserved.