■ 女性の疑問・悩み ・ カラダの異変 性について for women

生理前に胸が痛い原因・特徴・予防策

今回は男性にもご理解頂きたい、「生理前の女性の症状」です。

それは、「 胸の張り 」です。

胸が張るときには、痛みを感じたり、胸のことが気になったりするものです。

そのような時に胸を触られると、余計に痛いです。

女性は胸が痛くなる症状について理解し、男性は女性の生理について学びましょう。

 

生理前に胸が痛い原因

胸の張りは、乳房内にある「乳腺」という組織が増殖することで起こります。

乳腺は、母乳の分泌に関わります

排卵後から生理前の期間は、妊娠・出産に備えて体が変化します。

出産後に母乳を出せるように乳腺が発達します。

そのため、胸の張りを感じやすくなります。

 

ゆかりさん
なるほどね~

 

 

生理と女性ホルモンの関係

女性に生理が毎月起こるのは、「 女性ホルモン 」の影響です。

女性の身体には、様々な種類の女性ホルモンがあります。

この内、生理に関わるのが「黄体ホルモン (プロゲステロン) 」「卵胞ホルモン (エストロゲン)」です。

この2種類のホルモンが作用することにより、身体に様々な症状が表れます。

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの特徴

黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ場所「子宮内膜」に多く分泌されます。

そして、生理が始まる頃になると、徐々に減少します。

卵胞ホルモンは、「生理が終わってから卵子が排卵されるまでの期間」に多く分泌されます。

そして、卵子が排卵された後には徐々に減少していきます。

 

ゆかりさん
どちらの女性ホルモンも、生理が始まる前に減少していくんだね
けいこさん
生理が始まる頃には、急激に減少するみたいだよ

 

この2つの女性ホルモンは、生理を発生させるには欠かせないものであり、赤ちゃんを授かる為にも必要不可欠なホルモンです。

ホルモンバランスが崩れると、大変辛い状況になることも予想されます。

 

生理前の胸の痛みの原因は黄体ホルモン

生理前に胸を触ると、痛みを感じる女性が多いです。

これは、黄体ホルモンの影響だと判断できます。

黄体ホルモンは、生理前になると身体に様々な症状を発生させます。

その1つが、「胸の張り」です。

 

ゆかりさん
ほうほう

 

黄体ホルモンには、「排卵された卵子を育てるための準備」を整える働きがあります。

その働きとして、乳腺を活発に刺激します。

これにより、乳腺内の血管が拡張したり、乳腺組織が増えます。

生理前になると「胸が張っているような感覚がする」と多くの女性が言うのはこのためです。

この状態は、赤ちゃんに母乳をあげる準備だとも言えます。つまり、母乳が出やすい状況へと近づいているのです。

そのため、この時に妊娠をすると、胸の痛みは長い間続く傾向があります。

 

卵子が着床しない場合は、胸の痛みが治まりがち

卵子が着床しない場合には、黄体ホルモンの働きが活発ではなく、生理が始まる状態です。

その結果、胸の張りへと繋がらず、痛みも治まっていきます。

 

 

ゆかりさん
なるほどね~

 

卵子を育てるのは、赤ちゃんを授かる為であり、生物としての本能です。

そのため、女性には生理があり、生理前になると赤ちゃんを育てる準備をする作用が働きます。

これが、生理の時に症状として表れるのです。

このことは、男性には症状として強く表れにくいので、理解しがたい部分でもあります。

 

ゆかりさん
なるほどね~
けいこさん
このことが、男性と女性ですれ違う部分の1つなのかもね

 

胸の張りや痛みはどんな感覚か?

ゆかりさん
人によって感じ方は様々だと思うから、どんな感じかってのを知りたいわ
けいこさん
そうだよね。人がどういう風に感じてるかってのが知りたいね(^^)/

 

生理前に胸が張ることが気になり、「もしかしてこれって乳がん?」と不安を感じる女性は少なくありません。

この不安を取り除くためにも、生理前の胸の痛みがどんなものか、理解することから始めましょう。

生理前の胸の張りの特徴をみていきます。

 

生理前の胸の張りの特徴

胸の張りや痛みを感じる場合、基本的には両胸に同じような症状が表れます。

また、胸の張りや痛みは乳房の全体に感じます。

そのため、「一部分だけ痛い」という可能性は少ないです。

また、生理が始まると、徐々に痛みや張りはなくなります。

先ほど述べた、黄体ホルモンとの関係性です。

ただ、人によっては左右の胸の張り方に違いが出たり、少し胸を触るだけでも強い痛みを感じたりします。

 

ゆかりさん
人によって感じ方は様々だと思うから、どんな感じかってのを知りたいわ

 

まずは、「自分の痛みの癖」を理解しましょう。

そして、張りや痛みが「いつもと違うな」と感じたら、産婦人科で一度相談してみて下さい。

不安を不安で終わらせずに、自分の身体がどういうものか、自分の身体に何が起こっているのか、しっかりと向き合いましょう。

たとえ痛みの原因が生理前のものによるものだったとしても、恥ずかしいものではありません。

痛みや不安を我慢して、状況が悪化したり、大事へとなってしまったりすることの方が大変です。

 

 

「生理前に胸を触ると痛い」原因は生理前だけじゃないかも...

生理前に胸が痛くても、「生理前だから (しょうがない)」と結論を出すのはあまり賢い判断とは言えません

生理前に胸が張り、左右同じような張りや痛みである場合は、生理と共に解消されていく可能性が高いです。

その場合は、心配する必要が特にありません。

しかし、胸の痛みが病気していることがあるという場合もあります。

下記の症状がみられると、生理前のものとは異なっている可能性が高いです。

ご確認下さい。

  • 胸の張り方が左右均等ではない。また、どちらかの胸だけに張りや痛みを感じる
  • 胸の張りを強く感じる。また、高熱も出ている
  • 胸を触ると大きなしこりがある。しこりを触ると痛みを感じる
  • 生理が始まっても胸の張りや痛みがなくならない
  • 乳頭から分泌液や血(のようなもの)が出る
  • 胸の張りや痛みが我慢できない程強い

これらの中に、当てはまるものがある場合は、我慢せずに産婦人科で相談してみましょう。

 

ゆかりさん
大事になってからじゃ遅いもんね
けいこさん
おばあちゃんが教えてくれたことわざを思い出したわ
ゆかりさん
えっ、なになに?
けいこさん
教えな~い
ゆかりさん
なんなの?
ゆかりさん
中途半端に興味そそること言わないでなよ!笑

 

生理前の痛みを予防しよう

ゆかりさん
予防することで痛みが軽減されるんだったら、予防するに越したことはないわね
けいこさん
そうだよね。あっ、またさっきと別のおばあちゃんの言葉を思い出した!
ゆかりさん
またその流れ? その流れはうんざりよ
ゆかりさん
疲れるだけ
けいこさん
人生は準備!
ゆかりさん
いっ、いい言葉だね

 

規則正しい生活を送りましょう

生理前の胸の痛みや張りを予防するために大切なことは、「規則正しい生活を送ること」大切です。

まずは、今の自分の生活習慣と向き合いましょう。

もしも、「朝布団でダラダラしている」「夜更かしをしている」「ストレスがきつい」などの状態であれば、改善する必要があります。

規則正しい生活をすることにより、ホルモン分泌やホルモンバランスが安定します。

これにより、「ホルモンが過剰に分泌されて必要以上に痛みや張りを感じる」ということへの予防が出来ます。

「睡眠の状態を見直したり、ストレスを緩和させたり」ということを行うだけで、ホルモンの分泌量を安定させることが可能です。

これは、生理前の痛みを軽減する方法として、基本になってきます。

「規則正しい生活」は生理前の痛みだけでなく、生活のリズムを作るうえで役に立ちます。

 

ゆかりさん
規則正しい生活は確かに大事だね

 

夜は早目に寝ましょう。リラックスして。

遅くまでお酒を飲んだり、携帯を見たりPCを見たりというのは、良質の睡眠の妨げです。

生活にストレスはつきものです。特に現代社会は。

ストレスを感じた時は、自分で溜め込むのではなく、解消させることを心掛けましょう。

デトックスは大切です。気持ちの断捨離をしましょう。

 

 

食生活を見直してみましょう

生理前の胸の張りや痛みを軽減させるためには「食生活を見直す」ことも大切です。

胸の張りや痛みは、基本的には乳腺が活発になることで起こります。

脂肪分が多い食事を摂ることで、乳腺が詰まる恐れがあります。

それにより、更に強い張りや痛みへと繋がります。

こうなる前の対策として、食生活を見直してバランスの良い食事を摂ることが大切です。

 

ゆかりさん
なるほどね~

 

血液がドロドロになると、血が乳腺を通過する妨げになります。

そのため血液をサラサラな状態にすることが大切です。

血液をサラサラにする作用のある「ビタミン・ミネラル・食物繊維」を積極的に摂取しましょう。

ただし、毎日これらのを摂ることや、毎回食事のことを考えることにストレスを感じる人は、生理前だけでも十分です。

少しの期間だけでもヘルシーな食生活を心掛けましょう。

また、食生活を見直すことで、生理前の痛みや張りに効果があるだけではなく、健康な生活が遅れるようにもなります。

食事は健康を維持するための大切な要素です。

 

ゆかりさん
お菓子とかお惣菜とかジャンクフードばかり食べてる人は、注意が必要かもね

 

まとめ

胸の痛みには我慢しないことが大切です。

痛いからといって我慢をするのではなく、「何故痛いのか」をしっかりと把握するように努めましょう。

自分の身体に起きていることを分析する、せっかくの機会です。

胸の痛みがなぜ起こっているのか(生理によるものなのか、病気によるものなのか)を分析しましょう。

心配な時には専門の医師に相談することが大切です。

「気付いた時に病気」だと手遅れになる場合があります。

最悪な状況を避けるための準備を日頃から行いましょう。

-■ 女性の疑問・悩み, ・ カラダの異変, 性について for women
-, ,

Copyright© フルマガネちゃんねる , 2020 All Rights Reserved.